売却した理由「住み替え」|仙台の不動産売却はホームセレクト

南光台本店0120-344-480
若林店0120-349-480
トップページ > 売却した理由「住み替え」

売却した理由「住み替え」

老人・介護施設への入所や、買い物や病院などの利便性を高めたいなどの理由で、
住み替えを検討する方が多くいらっしゃいます。

住み替え2つのパターン

購入(住み替え先)からスタート

  • メリット気に入った物件や施設を探すことができるため、仮住まいなく直接お引越しができる
  • デメリット住み替え先が先に決まると売却に期限が付くことがあり、希望通りの条件や価格で売れない可能性がある

売却からスタート

  • メリット売却に期限がないので、希望通りの条件や価格で売れる可能性が高い
  • デメリット売却からお引渡し時までに気に入った物件や施設が見つからない場合、仮住まいの可能性がある

売却の
流れ

  • 不動産の査定
  • 媒介契約
  • 売却契約
  • 物件引渡し

購入の
流れ

  • 物件探し
  • 購入契約
  • ローン手続き
    代金支払い
  • 入居

住み替えには、どうしても「売却」と「購入」という2つの作業が発生します。
両方を同時に進めて、現在の家を引き払うと同時に新しい家に引っ越せることが理想ですが、
実際にはなかなかそう上手くはいきません。
納得のいく物件探しには時間と手間がかかりますし、売却に出した家に買い手がつくタイミングはコントロールできません。
そのため、多くの場合は売却と購入のどちらかを優先させることになります。

  • 売却を優先

    売却を優先する場合、売却益をそのまま購入資金に充てることができます。そのため「資金計画が立てやすい」というメリットがあります。
    また、売り急ぐ必要もないので、「買い手との交渉をうまく進めやすい」こともポイントです。
    その一方で、「引き渡しまでの期間に購入物件を見つけられなければ、賃貸などで仮住まいを用意する必要が出てくる」というデメリットも。
    また、現在住んでいる家を売るため、きれいに住んでいないと内覧で不利になりやすい傾向があります。

  • 購入を優先

    購入を優先する場合、「引き渡し時期まで」などの期限がないため、納得いくまでじっくりと購入物件を選ぶことができます。
    また、買ってから家を売るので、仮住まいが発生しないこともメリットです。
    その反面、売却の時期が遅くなってしまえば、住宅ローンが二重になる可能性があります。
    また、現在住んでいる住居の買い手がつかない場合、売り急いで売却金額を下げるケースも珍しくありません。

  • 買取という選択肢

    弊社が物件を買い取る事で売却にかかる時間を大幅に短縮、
    〇月までに物件を売らないといけない、といった期日の決まった売却ケースに特に効果的です。

住み替えの売却事例

無料査定・ご相談・お問い合わせはこちらから
査定から売却までの流れ
5つのNo.1

お問い合わせ
仙台市青葉区・仙台市泉区・仙台市宮城野区
多賀城市・塩釜市・富谷市・利府町
南光台本店
〒981-8003 仙台市泉区南光台3丁目22-21
0120-344-480
仙台市若林区・仙台市太白区・名取市・岩沼市
若林店
〒984-0838 仙台市若林区上飯田1丁目15-37-101
0120-349-480